短いペニスを長くする方法

短いペニスを長くする方法について

短いペニスを長くする方法について

 まず短いペニスを長する方法についてですが、私なりの経験上、毎日自慰行為をすることが重要です。ここで重要なポイントなのが、自慰行為をする際に、陰部は筋肉と細胞でできていることから、その筋肉と細胞を強化することで長くなる可能性があります。私が実践していましたのが、自慰行為を毎日することなのですが、この自慰行為こそが知らずの内にペニスを大きくすることに繋がっているのです。

 

 またスクワットや腹筋をするとペニス付近の筋肉が鍛えられてペニスが大きくなる一助となりますので、効果的な筋力トレーニングをすることも重要です。また、ペニスが勃起していない状態で、下腹部に埋もれているペニスを引き出すことが目的で、概ね前に向けて30回程度引っ張るように伸ばす、上に向けて30回程度引っ張るようにする。下に向けて30回程度引っ張るようにする。定期的にこのような陰部の筋力トレーニングを実施しないと、陰部が下腹部に埋もれてしまう可能性があります。何も刺激を与えなければ、陰部を体が防衛本能として機能し、陰部を隠そう隠そうとして、どんどん萎んでいく形になりますので、そのような努力が必要です。

 

 また、ペニス増大サプリを飲むことです。ペニス増大サプリを飲用することでペニスを大きくする成分が入っており、ペニスの血流を良くすることで、ペニスを肥大化させることができるというものです。ただ、どの薬においても、体質が前提としてありますので、上手くいかないことも往々にしてあるとは思いますが、まずは、何でもやってみることが重要であると思います。
 ペニスの筋力トレーニングをすることで成功すれば約1cm程度長くなる可能性があります。また、前述しました。自慰行為についてなのですが、まさにペニスの運動を取り入れている運動と言っても過言ではありません。知らずの内に30回以上上下に引っ張ったり伸ばしたり戻したりという運動をしていることになりますので、毎日コンスタンスに自慰行為をすることで、ペニスを発達させることができるというものです。

 

 また、ペニスを増大させる成分が多く入っている食べ物があります。その食べ物とは、スイカです。スイカには、シトルリンと言うペニスの海綿体の細胞を活性化させる働きがある成分が含まれており、精力の増強にも一役買っておりますので、二重の成分が配合されていることになります。メロンもシトルニンが含有されており、スイカと同様の効果を得るこができます。
 大豆には、アルギニンという成長を促す成分が含まれており、こういったスイカやメロン、大豆、エビ、ゴマを摂取することによってシトルリンとアルギニンを効果的に取り入れることができます。

 

 この二つの成分を効率よく摂取するべきなのですが、これらの食品を摂取し辛い場合は、ペニス増大サプリメントを飲用することで、同様のシトルリンとアルギニンの成分が多く配合されておりますので、野菜等から摂取することが難しい場合は、サプリを積極的に飲用するべきであります。

 

 また、ウォーキングもペニスを増大させることに繋がっております。また、足の付け根を動かすことによってペニスの血流と神経が刺激され、血流量が増加されるといった方法もあります。また、ウォーキングの方法としては、大股を開けてウォーキングをすることが重要であります。
 ペニスが大きくならない悪習慣の一つとして、喫煙が挙げられます。海綿体の血行に悪影響があるので、俗に言うインポについては、タバコの吸いすぎがあげられる可能性があります。
 お酒の飲みすぎも、その分解に膨大なエネルギーと水分が必要になるので、本来ペニスを増大させるエネルギーがそこに使われてしまうので、お酒の大量飲酒も注意しなければなりせん。
 以上がペニスを大きくする方法と、ペニスが大きくならない原因になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ