アプソルシン

アプソルシンのシトルリンの効果

シトルリンで叶うかも?男性機能の回復のために踏み出したい第一歩

年齢を重ねるにしたがって性機能に自信がなくなる、ということは、男性の多くが経験することです。一方で、70代80代になってもお盛んな人もいるもの。性への興味という根本的な気質の違いはもちろんありますが、したいのにできない、したいのに自信がなくて言い出せない、というのは辛いものです。まだ壮年中年なのに自信がない人と、老年期なのにまだまだ自信がある人と。その違いはどこにあるのでしょうか。

 

日本人の勃起障害の原因の主なものは、気持ちの問題、いわゆる心因性のものと、そしてもう一つは、血管障害です。勃起のメカニズムは単純なものです。脳が感知した性的刺激が神経を通じて陰茎に伝わり、陰茎海綿体に多量の血液が流れ込むことで、陰茎の勃起が起こるのです。要するに、拡張した血管に満ちた血液の表立っての表現が怒張、ということですね。

 

ということは、もしも血管の拡張が十分に起きず、或いは血液がしっかりと流れ込まなければ、勃起は起きない、起きても不十分という状態になるわけです。性機能に自信がない原因は、もしかしたら動脈硬化、そこまで行かなくても、血液不足や血行不良かもしれませんよ。

 

血行不良に利く成分として、最近注目を集めているものが「シトルリン」です。
シトルリンはウリ科の植物に多く含まれているアミノ酸の一種です。スイカに特に多く含まれているとして、数年前から話題になっています。スイカ以外にメロンや冬瓜、きゅうりなどにも含まれており、これらウリ科植物を食べることで、体内にシトルリンを取り入れることができます。

 

シトルリンは、体内の疲労物質軽減に効果があります。シトルリン自体はアンモニアを介してアルギニンと交換可能な、要するに体内で自ら作り出すことのできる成分なのですが、こで重要なのは、触媒となるアンモニアは体内では毒性が高いということ。尿を作る際に発生するアンモニアは体内で常に作られ続けるものですが、同時に疲労感の素でもあり、できるだけない方が良い存在です。シトルリンは体内でアンモニアを消費してアルギニンに変化、アルギニンもまたアンモニアと消費してシトルリンに変化するため、シトルリンを多く摂取すると、体内にあるアンモニアを取り除くのに役立つのですね。

 

そのうえ、シトルリンがアルギニンに変化する際には、アンモニアを消費して一酸化窒素を生み出します。体内で発生した一酸化窒素には血管拡張作用があります。血管を広げ血流を増やし、酸素の運搬をスムーズにし、冷えや息切れを予防・改善します。血流が多くなれば動脈硬化の害を受けにくくもなりますし、その進行を抑制する効果も見込めるでしょう。加えて、シトルリンが生み出す一酸化窒素は、そもそもとして、血管を広げて柔軟にする働きを持っています。血流改善による動脈硬化の抑制効果だけでなく、もっと直接的に血管を柔軟にする働き、硬化した動脈を緩める働きがあるのです。
そう。シトルリンがもたらす効果は、いずれも、血管障害による男性機能の衰えを改善させ得るものばかりなのです。

 

 

現代人は、食習慣や生活習慣から高血圧や動脈硬化など、血管障害を起こしやすくなっています。肥満や運動不足も、血流を悪化させ疲労物質をため込む原因ですね。こう言ったことを重ねていては、加齢とともに、血液の問題から男性機能に自信がなくなるのも仕方のないことです。とは言え、それを放置していては、男性機能だけでなく、やがては男としての自分にも自信がなくなってしまいますね。
シトルリン摂取で血管をケアし、勃起力の回復にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。アンモニア消費が促進されることで疲労感も軽減され、毎日イキイキ若々しい自分が取り戻せるかもしれませんよ!

ホーム RSS購読 サイトマップ