精液を増やす栄養素

精液を増やす栄養素

精液を増やす栄養素

精子の量が減ってしまうと、男性不妊や精力の減退に繋がってしまいます。
精力減退に悩んでいる男性は沢山いますが、そのような症状から脱出する為には、精子の量を増やす為の対策を取る必要があります。

 

精子の量を増やす為には、精子を作る為に必要な栄養素をしっかりと摂ること、ストレスを溜めないことが大切です。
その中でも最も基本的なことは、食生活の見直しです。
精子を増やしてくれる作用がある栄養素をしっかりと摂ることは、健康な精子の生産や精子の運動量のアップにも繋がります。

 

そこで、精子を増やしてくれる効果がある栄養素を紹介します。

 

精液を増やす栄養素

 

亜鉛
これは、精子を作る材料でもある性機能の向上に効果がある代表的な栄養素です。
亜鉛を積極的に摂取することで新陳代謝がアップして、精子の活動が活発になります。
精力の向上だけでなく、健康効果も期待できる栄養素です。

 

牡蠣、レバー、卵、豚肉、牛肉、ごま、などに多く含まれています。

 

セレン
これは、男性不妊の改善効果が高いと言われている栄養素です。
セレンは、精子を形成してくれる作用があるとも言われていて、この栄養素が少ないと、精子の数が減少してしまう場合もあります。

 

アンコウ、スケトウダラ、カツオ、ズワイガニといった魚介類に多く含まれています。

 

アルギニン
これは天然のアミノ酸で、血流をよくしてくれる働きがある栄養素です。
精子の量を増やしたり、精子の運動量をあげてくれる効果がありますから、精子には欠かせない栄養素です。

 

カツオぶし、落花生、干し湯葉、豚ゼラチン、高野豆腐(乾燥)、大豆製品などに多く含まれています。

 

牡蠣エキス
牡蠣は、亜鉛を最も多く含んでいる食品です。
その栄養素が凝縮された牡蠣エキスは、精子の生成や状態をよくしてくれる効果が最も高いと言われています。

 

ビタミンE
これは、精巣の機能を高めて精神の量を増やしてくれる作用がある栄養素でで、精神の活動量を高めてくれる効果もあります。
抗酸化作用があることでも知られているビタミンなので、老化による精子の状態の低下を防ぐのにも効果的です。

 

すじこ、キャビア、いくら、あゆ、たらこ、アンコウのきもなどに多く含まれています。

 

マンガン
これは、体内に存在しているミネラルで、精子の活動量を上げる為に大切な栄養素だと言われています。

 

バジル、生姜、しそなどに多く含まれています。

 

アリシン
これは、血流を促進してくれる作用があります。
精子を生成する為の器官への血流を促してくれるので、精子の量を増やしてくれます。

 

ニンニク、玉ねぎ、長ネギ、らっきょう、あさつきなどに多く含まれています。

 

その他にも、オメガ3脂肪酸やビタミンC、ビタミンBといった栄養素も、精子の量を増やす為には有益です。

 

これらの栄養素をしっかりと摂取することで、精子の量の増加や活動量の向上が期待できます。
ただ、これらのほとんどの栄養素は食品に含まれている量が少ない為、普段の食事からは十分な量を摂取することができません。
ですから、栄養バランスが良い食事にプラスして、サプリメントで栄養素を補うことをお勧めします。

 

精子量の増加や精力アップのサプリメントは沢山販売されていますが、必要な栄養素がしっかりと配合されている物を選ぶことが大切です。
そして、精子の増加や活動量が向上するまでには時間がかかりますから、続けられる価格のサプリメントを選ぶことも大切です。

 

そして、精子の量を増やす為には、ストレスは禁物です。
ストレスを溜めてしまうと、精神を作る為に必要なホルモン分泌が低下してしまいますから、ストレスを溜めない生活を心がけることもとても重要です。

 

精子生産に必要な栄養素をしっかりと摂ることで、精子量の増加はもちろん、精力アップに繋げることは十分に可能です。

精液減少は亜鉛不足?サプリメントで補えば簡単に必要量摂れる

精子の量が少ないとなんとなく男して情けなく思うものです。射精の際にたくさんの精子をおもいっきり排出できる事は男しての自信にも繋がります。しかし、加齢とともに精子が作られる量は少なくなっていきます。精子をたくさん作る上で役立つのが亜鉛です。ここでは精液を増やす栄養素亜鉛について知りましょう。

 

精液を増やす栄養素

 

1.精液が少なくなるのは男性ホルモンの減少が原因

精液は加齢とともに作られる量が少なくなっていくといわれています。年を重ねていくごとに精液の量は少なくなり、1年ごとで0.15%から0.5%sずつ減少していく事が知られています。

 

精液量は30代なら3cc前後、40代では3cc以下になるといわれます。さらに50代になると18歳の男性と比べると30%以上も少なくなり、2.5cc以下になるのです。

 

2.活性酸素が原因で精液量が少なくなる

活性酸素も精液の減少に影響しています。人間は空気中の酸素を使って生きていますが、一部の酸素は体内で活性酸素になります。活性酸素は細胞を酸化させる作用があり、体の老化を促進します。

 

また、動脈硬化なども引き起こします。加えて実は精子も活性酸素の影響を受けると言われています。活性酸素が体内に蓄積される事で、精子や精液の量は減少します。

 

3.精液をたくさん作る栄養素は亜鉛

精液は睾丸の中にある精巣といわれる場所で作られています。精巣で生成される時に精液の原料となるのが亜鉛です。亜鉛はミネラルですが精液を作る上では欠かす事ができない栄養素です。

 

人間が生きていく上でも欠かす事ができない成分ですが、体内で作り出す事はできません。亜鉛はセックスミネラルといわえるほど精子の強化や精液量にも関係が深いのです。

 

4.亜鉛を必要量摂取できていない男性が多い

亜鉛を必要量摂取できている男性は少ないと言われています。亜鉛が足りていない事から精液製造が十分にできにくい状況にある人が少なくありません。また亜鉛は精子を元気する効果もある事から不妊治療などではよく使われる栄養素です。

 

5.亜鉛は男性ホルモン生成にも不可欠な栄養素

亜鉛は男性ホルモンにも必要になる栄養素で、亜鉛が不足すると男性ホルモンが足りなくなります。男性ホルモンが不足すると精子の数が減少する事や勃起もうまくできないEDなどの問題も起きてきます。

 

6.1日当たり10mgの亜鉛が必要になる

精液の量を維持するためには、1日当たりで10mgが必要といわれています。しかし、精液の量を増やしたいのなら少なくても2倍の20mgは摂るといいですね。

 

7.亜鉛をたくさん含んでいる食べ物は牡蠣

亜鉛を一番多く含む食べ物が牡蠣です。しかし、食べ物から亜鉛を摂取する際の問題点として吸収率があまり良くない事です。亜鉛で20mgを摂るとなれば牡蠣16個から26個は食べる必要があります。お金がたくさんかかりますし、1日16個以上の牡蠣を食べ続ける事が難しい人が多いでしょう。

 

8.亜鉛を必要量摂取したいならサプリメントがおすすめ

亜鉛を摂取する際に考えたい事は、普段の食事で無理のない程度に亜鉛をたくさん含む食品を選んで、なおかつ足りない分はサプリメント補うという事です。

 

亜鉛サプリなら1粒で10mg以上の亜鉛が配合されている事から、毎日の必要量を簡単に摂る事ができます。

 

9.睾丸マッサージで亜鉛が増える

精液は睾丸で作られます。実は人は年を重ねると睾丸の動きが悪くなります。睾丸の動きが落ちると精子が作られにくくなります。睾丸の動きを改善できるが睾丸マッサージです。睾丸を刺激する事で精液製造能力が向上します。

 

・まとめ
射精の際にたくさんの精液が出た方が男しての勢いを感じて、自信が出ますよね。精液は加齢とともに作られる量が少なくなります。食事でも亜鉛が多い食事をして不足分はサプリメント補うようにするといいですよ。

ホーム RSS購読 サイトマップ